老子と荘子が話す 世界一わかりやすい「老荘思想」

著:長尾剛

510円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    古代中国哲学の一つである「老荘思想」は、中国のみならず日本においても、これまで多くの人びとに影響を与えてきた――。「道<タオ>とは何か」「『道徳』について」「国の指導者に必要なものは何か」「空っぽの大切さ」「強さの意味」などについて、哲学的な思索を深めていった老子。そしてそれを引き継ぎ、「無為自然とは何か」「本当の幸せとは何か」「役に立つとはどういうことか」「心の大きさ、人生の大きさとは」といった抽象的なテーマを、寓話やおとぎ話風の読み物として誰にでもわかりやすくまとめた荘子。彼らが説いた「老荘思想」は、「自分の心を自然と一体にして、心安らかに幸せに生きること」を目指すもので、混迷を深める現代を生きるわれわれにとって、“珠玉のヒント”に溢れている。本書は、それぞれの思想をまとめた『老子』『荘子』を、いまの時代によみがえった老子と荘子本人が講演会を行なうという形式で、わかりやすく現代語訳した一冊である。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2012/08/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2009/12/05Posted by ブクログ

      僕のように老荘思想を初めて知る人には良書ですが、柔らかくしすぎて、本当の老荘思想が伝わらないのではないかと感じました。

      老荘思想はとても共感出来るが、その思想を実現するのは…

    [{"item_id":"A000199383","price":"510"}]

    セーフモード