四千万歩の男(五)

完結

著:井上ひさし

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    青年二宮金次郎と“百姓論語”を闘わせ鰹節騒動では危うく情事の罠に。とかく学問より俗事に心奪われる伊能隊、再三の“測量中止”の危機を脱し、有望な孤児や人気女形をお伴に江戸へ。忠敬が“人生二山”を生きた江戸後期の、新しい文化の旗手を多士済々に登場させ、人間忠敬とその時代を縦横に描く大作、完結。(講談社文庫)

    続きを読む
    • 四千万歩の男 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      四千万歩の男 全 5 巻

      4,290円(税込)
      42pt獲得

    レビュー

    • 2013/11/10Posted by ブクログ

      20年ぶりに再読しました。
      伊能忠敬の地図作り旅の最中に、次々と事件を盛り込み、弥次喜多珍道中や水戸黄門のように仕立て上げたお話ということは覚えていたのですが、内容はきれいさっぱり忘れていたので、まる...

      続きを読む
    • 2015/03/10Posted by ブクログ

      思ったより時間がかかった。昔とは物の単位が違うからイマイチ実感が湧かなかったが大変な手間と時間がかかったものだったんだなと感じた。
      そして、その精度の高さから考えると、拍子抜けする位単純な方法で測量し...

      続きを読む
    • 2011/10/02Posted by ブクログ

      地味で地道な計測旅行を 事件と滑稽にあふれた珍道中に書き換えた作者の手腕に敬服。 ある意味、作者の集大成的な大作だが、 この人の作風を了解していない一見さんには??かもしれない。

    開く
    [{"item_id":"A000198771","price":"880"}]

    セーフモード