【最新刊】無限論の教室

無限論の教室

お得

1冊

著:野矢茂樹

715円500円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    数々のパラドクスに満ちた「無限」の不思議。アキレスはなぜ亀に追いつけないの?偶数と自然数が同数って本当?素朴な問いからゲーデルの不完全性定理まで、軽やかな笑いにのせて送る異色の“哲学教室”。(講談社現代新書)

    続きを読む
    提供開始日
    2013/11/08
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    4.2
    54
    5
    21
    4
    24
    3
    8
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/05Posted by ブクログ

      数学に関する哲学の本。
      数学基礎論の本かな。

      対角線論法が思いの外、適用範囲が広くて驚愕する。
      実数の濃度の証明は知っていたが、ラッセル集合、ゲーデルの証明にも使われていたなんて。

      まさにメタな視...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2018/12/02Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2017/08/18Posted by ブクログ

      無限が実在でなく思考の産物にすぎないこと、集合とは概念であるということ、そこから生まれるパラドクスをどう回避するか、等々について、軽妙に、しかし手数をかけて解説してくれている。対角線の話にはなるほどと...

      続きを読む
    開く

    セーフモード