マンガ おはなし数学史 : これなら読める!これならわかる!

原作:仲田紀夫 漫画:佐々木ケン

1,015円(税込)
ポイント 10pt

史上初! 笑いながら読める数学の本。サイコロ賭博から『確率論』、大砲の弾飛ばし競争から『関数』など、けっこう意外な理由で発展してきた数学の歴史を、面白ギャグ満載の「おはなし」にして紹介。(ブルーバックス・2000年12月刊) ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

続きを読む

レビュー

3.7
9
5
1
4
6
3
1
2
1
1
0
  • 2018/12/11Posted by ブクログ

    漫画形式で数学史を学べます。読みやすいので、数学の歴史に興味がある方は手にとってみると良いと思います。

  • 2018/01/20Posted by ブクログ

    数学には歴史が大いに関係していた。 講師のナカダ先生が数学が苦手な中学生の真弓さん、退屈しきっている高校生の洋くん、88歳の数子さん、市の教育課に勤める佐々木さん相手に数学の成り立ちを教えてくれる。ど...

    続きを読む
  • 2015/07/18Posted by ブクログ

    × 旅好きおやじ 最近、数学に関する本を読んでないなと思い、図書館に行くとこの本が置いていたので借りることにした。正直、あんまり期待してはいなかったのだが、数学の理論ごとに、その理論が必要になっ...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード