フェルマーの大定理が解けた! オイラーからワイルズの証明まで

著:足立恒雄

902円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ついに解けた!どう解けた?「Xn+Yn=Znという方程式は、nが2より大きい自然数であれば、自然数解X、Y、Zをもたない」――フェルマーの最終予想とも呼ばれるこの問題は、問題の意味が誰にでもわかるほどやさしいにもかかわらず、アマチュアの数学愛好家はもちろんのこと、多くの著名な数学者たちの挑戦を、数100年ものあいだ退けつづけてきた。だが、ついに1994年、A・ワイルズがその証明に成功した。(ブルーバックス・1995年6月刊)※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/08/10Posted by ブクログ

      力作である。前著と相補的な著作である。前著で置いてきぼりにされた感のあった数学的道具が丁寧に解説されている。2冊を通して、しっかり分かった気になった。

      楕円曲線上の加法群の存在、FLTの楕円曲線への...

      続きを読む
    • 2015/06/07Posted by ブクログ

      20年以上前に購入して積ん読であった本が、ふと目に付いたので読んでみた。数式がよくわかりませんが、読み物として面白かった。数学者の世界は、私のような法律実務家とはまるで違った風景なのかなと思います。

    • 2014/09/23Posted by ブクログ

      フェルマーの主な興味(ディオファントス方程式や曲線上の有理解)などについての知られている事実が書かれてある。話の展開が唐突で、実例の紹介が主。あまり面白くなかった。

    [{"item_id":"A000198673","price":"902"}]

    セーフモード