【最新刊】萩原重化学工業連続殺人事件

萩原重化学工業連続殺人事件

1冊

著:浦賀和宏

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「脳」を失った死体が語る、密室の不可能犯罪!双子の兄弟、零と一の前に現れた、不死身の少女・祥子と、何もかもを見通す謎の家政婦。彼らが信じていた世界は、事件に巻き込まれる内に音を立てて崩壊していき……。脳のない死体の意味とは!?世界を俯瞰する謎の男女と、すべての事件の鍵を握る“萩原重化学工業”の正体とは!?浦賀和宏の最高傑作ミステリが世界の常識を打ち破る!!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/11/08
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.6
    8
    5
    2
    4
    2
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/12/26Posted by ブクログ

      3.5★ SFを謎解くとはさすがに酷いな。双子のネタの新鮮さもほとんどなくなった。頭輪割の動機も推定範囲以内。最後は悲しいと虚しいの愛物語になったのも悪くはない。“神”視点の男女の正体と自我意識や現実...

      続きを読む
    • 2015/04/29Posted by ブクログ

      まさにこの作品を求めていた。
      現時点で浦賀和宏さんの最高傑作と確信。(『女王暗殺』と『彼女の倖せを祈れない』のみ未読)

      僕はこの小説を書くために生まれて来ました。
      あなたもきっと、この小説を読むため...

      続きを読む
    • 2013/09/03Posted by ブクログ

      悪くはなかったけど、あまり入り込めなかった。真の黒幕の動機がイマイチ説明されきれてないような。それから根幹となるネタにSF要素入っちゃってるのにミステリってカテゴライズされてていいのかな、という疑問も...

      続きを読む
    開く

    セーフモード