【最新刊】萩原重化学工業連続殺人事件

萩原重化学工業連続殺人事件

著:浦賀和宏

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「脳」を失った死体が語る、密室の不可能犯罪!双子の兄弟、零と一の前に現れた、不死身の少女・祥子と、何もかもを見通す謎の家政婦。彼らが信じていた世界は、事件に巻き込まれる内に音を立てて崩壊していき……。脳のない死体の意味とは!?世界を俯瞰する謎の男女と、すべての事件の鍵を握る“萩原重化学工業”の正体とは!?浦賀和宏の最高傑作ミステリが世界の常識を打ち破る!!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/11/08
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2012/11/18Posted by ブクログ

      『他者の自我の存在を確かめる方法は、ない。自分のような喜怒哀楽な他人に存在していると、一体どうして分かるのだろう。他人は全員ロボットで、喜怒哀楽を持っているふりをしているだけではないのか?どんなに手段...

      続きを読む
    • 2015/04/29Posted by ブクログ

      まさにこの作品を求めていた。
      現時点で浦賀和宏さんの最高傑作と確信。(『女王暗殺』と『彼女の倖せを祈れない』のみ未読)

      僕はこの小説を書くために生まれて来ました。
      あなたもきっと、この小説を読むため...

      続きを読む
    • 2009/12/29Posted by ブクログ

      まるで捻りのないシンプルな、それでもインパクトのあるタイトルですが。そこから想像できる王道の連続殺人ミステリ、ではありませんでした。良い意味で裏切られましたよこれは。まさかこういう話だったとは。
      「首...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000198652","price":"1320"}]

    セーフモード