【最新刊】日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率

日本は世界5位の農業大国 大嘘だらけの食料自給率

1冊

著:浅川芳裕

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    年生産額8兆円はアメリカに次ぐ先進国第2位!!食糧危機と農家弱者論は農水省によるでっち上げ!生産高――ネギ1位、キャベツ5位、コメ10位!7%の超優良農家が全農産物の60%を産出!!自給率が示す数字と一般的な感覚がかけ離れているのは、農水省が意図的に自給率を低く見せて、国民に食に対する危機感を抱かせようとしているからである。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/11/08
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.9
    147
    5
    41
    4
    71
    3
    29
    2
    5
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2018/10/15Posted by ブクログ

      いかにも、日本の農業は堕落しており、・・・難しいというものが世間の認識であるというのは、私もそうであった。
      しかしながら、本書での内容は、いかに農水省や民主がくそかということであるね。
      なんとかならん...

      続きを読む
    • 2018/10/13Posted by ブクログ

      2010年初版の少し古い本です。
      弱い弱いと言われている日本の農業は、実は弱くなく、弱いというのは農水省の嘘の宣伝で、実力は本のタイトル通り世界第5位である、ということです。内容が農水省と当時の民主党...

      続きを読む
    • 2016/07/30Posted by ブクログ

      「農家」という特権があることをあぶりだしている。それと国に施策といいつつ、単なる選挙対策という政治。もう少し合理的にならないものだろうか。

    開く

    セーフモード