【最新刊】土蜘蛛奇談(下)

土蜘蛛奇談

著:椹野道流 イラストレーション:あかま日砂紀

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「……教えてくれ。わたしは……誰だ」恋しい人と瓜2つの男は、美しい眉を歪めてそう言った。「お前は、知っているのではないか。わたしが何者か……本当の名を、何といったのか……」その、切れ長の目も、唇も。なにもかもがあの人と、寸毫(すんごう)も変わらないのに──あまりの切なさに少年の瞳から涙が落ちる。追儺師(ついなし)・天本と半精霊・敏生。時の悪戯に引き裂かれたまま、魔性を降すことができるか!?

    続きを読む
    提供開始日
    2013/11/08
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    • 土蜘蛛奇談 全 2 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      土蜘蛛奇談 全 2 巻

      1,210円(税込)
      12pt獲得

    レビュー

    • 2004/11/29Posted by ブクログ

      物語のラストで幸せすぎて泣けてしまったこの1冊。
      平安時代に飛ばされた敏生、天本さん、河合さんの3人。はぐれていた河合さんに再会し、小一郎とも再会した敏生は、記憶を無くし、安倍晴明の蘇りとされていた天...

      続きを読む
    • 2004/11/27Posted by ブクログ

      こんなとこで終り!? と思わず思ってしまうこの1冊。
      天本さんの師匠・河合さんが登場した今回の舞台は平安時代の京都。平安時代に飛ばされた3人はばらばらになり、敏生は一人、二人の行方を追っていたが…。
      ...

      続きを読む
    • 2011/04/16Posted by ブクログ

      7巻目の上。

      河合登場。

      ある少女の夢に現れる男と姫から少女を解放するために夢の中に入り込む森、敏生、そして森のかつての師匠「添い寝屋」河合。
      さほど難しい仕事には思えなかったが・・・シリーズ初の...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000198545","price":"605"}]

    セーフモード