超ひも理論とはなにか : 究極の理論が描く物質・重力・宇宙

著者:竹内薫

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    究極の理論「超ひも理論」を完全に理解する。強い力、電磁力、弱い力、重力。素粒子に働く四つの力を統一できる唯一の理論と考えられている「超ひも理論」を、わかりやすく解説した物理ファン待望の一冊。(ブルーバックス・2004年5月刊) ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/11/06Posted by ブクログ

      (2011.11.03読了)(2011.01.10購入)
      【10月のテーマ・宇宙を読む(その4)】
      物質の究極は、素粒子ということでしょう。素粒子は、粒子でもあり、波動でもあるということなので、そうす...

      続きを読む
    • 2013/07/02Posted by ブクログ

      最近「量子革命」読後をきっかけに量子論、素粒子論関係本を読み漁り。これは数年ぶりに読み返し。以前はあまりよくわからなかったが、2度目でちょっとは理解できた。かも。竹内さんの名調子がすごく良い。
      超ひも...

      続きを読む
    • 2009/06/25Posted by ブクログ

      直感的に捕らえるっていうのがどうもわたしは苦手らしい。


      もう一冊の講談社新書のほうがわたしはわかりやすかったなぁ。

      0.000000000000000…0000000001とか書かれても、あーす...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000198541","price":"1100"}]

    セーフモード