【最新刊】超ひも理論とはなにか : 究極の理論が描く物質・重力・宇宙

超ひも理論とはなにか : 究極の理論が描く物質・重力・宇宙

1冊

著者:竹内薫

1,034円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

    究極の理論「超ひも理論」を完全に理解する。強い力、電磁力、弱い力、重力。素粒子に働く四つの力を統一できる唯一の理論と考えられている「超ひも理論」を、わかりやすく解説した物理ファン待望の一冊。(ブルーバックス・2004年5月刊) ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

    続きを読む
    ページ数
    275ページ
    提供開始日
    2013/11/22
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    3.7
    7
    5
    0
    4
    5
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/01Posted by ブクログ

      強い力、電磁力、弱い力、重力。素粒子に働く四つの力を統一できる唯一の理論と考えられている「超ひも理論」を、わかりやすく解説。

      物理学の究極理論 超ひも理論がわかる!

      相対性理論と量子力学を結びつけ...

      続きを読む
    • 2019/07/14Posted by ブクログ

      素粒子物理や宇宙論のブルーバックス、たまに読みたくなり
      新しめのを手に取るのだが、いつも7割くらいしか理解
      できていない気がする。今回もそうだったな(苦笑)。今回
      この本を読んで面白いと思ったのは「平...

      続きを読む
    • 2014/01/25Posted by ブクログ

      物理は赤点を取らなければいい、と早々に諦めてしまった私には、最後まで読んでも何も分からなかった(笑)。
      けれど、10次元などというSF的概念を持ち出して、この宇宙を解明しようとしてるなんて、人間って凄...

      続きを読む
    開く

    セーフモード