超常現象をなぜ信じるのか 思い込みを生む「体験」のあやうさ

著:菊池聡

946円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    「自分の目で見たこと」は信じてよいか?UFO、虫の知らせ、星占い……。科学的には証明できないことも、実際の体験をとおして信じてしまう。しかしその「体験」は、本当のできごととは限らない!超常現象の実在を信じてしまうのは、人の思考システムの本質がかかわっている。(ブルーバックス・1998年9月刊)※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    4.3
    12
    5
    5
    4
    6
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/09/06Posted by ブクログ

      人は目から入ってくる情報を写真やビデオのように全て正確に捉えられるわけではない。
      そして、反証を考えることがなかなか難しい。ゆえに、自分の思うものと合致するものばかりを探してしまう癖がある。

    • 2016/05/31Posted by ブクログ

      「私は超常現象なんて信じない」・・・そう思っている人は、多いと思う。しかし本書を読むと、そのような思い込みだけでは超常現象を語る輩に取り込まれてしまうかもしれない、という気になってくる。というのも、人...

      続きを読む
    • 2016/05/22Posted by ブクログ

      認知心理学の紹介。
      百聞は一見に如かずは、間違えることがある。
      菊池聡と谷岡一郎は、誰もが読むべき一冊だと思う。

    開く

    セーフモード