だいにっほん、おんたこめいわく史

著:笙野頼子

1,430円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    時代を転覆せしめる超国家的、超近代小説、ついに発射投石!用意。戦い続ける前衛のさらなる奇書!ロリコンで成り上がり、憲法を地上げ!美少女を官軍化し遊廓を復活!反権力を自称。その名は、おんたこ!世相の病的心性を近未来に託して描く、前衛の奇書。「おんたこ」シリーズ第一弾。●特別収録本書取説!!「言語にとって、ブスとはなにか」

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/07/27Posted by ブクログ

      おんたこが支配している日本の近未来の話。
      かなりぶっ飛んでいる。
      しかし、全く荒唐無稽の話にも思えず、逆に今の日本に似ているかも…と恐ろしく思うことも何度も。
      作者のユーモアが救いの文章。

    • 2006/10/05Posted by ブクログ

      かつての日本は,おたんこ(おたく)が反権力を前面とし,少女商売を海外にも輸出して,世界をオタク化していく。その根本には,知感野労(ちかんやろう)のアマノタコグルメノミコトがいるが,それと袂を分かったミ...

      続きを読む

    セーフモード