【最新刊】線路を楽しむ鉄道学

線路を楽しむ鉄道学

著:今尾恵介

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    鉄道旅がもっと楽しくなる蘊蓄が満載!『日本鉄道旅行地図帳』の監修で鉄道ファンから熱く支持される今尾氏が、「線路」をキーワードに鉄道旅の魅力を語り、その背景にある近代鉄道史を明かす!(講談社現代新書)

    続きを読む
    提供開始日
    2013/11/08
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2010/08/15Posted by ブクログ

      鉄道を好きな人が鉄道のどこに魅力を感じていて、どこに面白さを見出しているのかに興味があったから、個人的な好き嫌いということは置いといて、まず鉄道関連の本を読んでみようと思って本書を手に取った。(この本...

      続きを読む
    • 2010/11/23Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      路線変更の理由、峠越えの技術、乗り換えの名所、車窓から見る地形。

      [ 目次 ]
      第1章 線路を観察する(線路の幅はどうなっているか 距離標を楽しむ)
      第2章 いかに山を越えるか、いかに...

      続きを読む
    • 2013/05/03Posted by ブクログ

      表題は「線路を楽しむ」とつけられているが、内容はほ「地形」についての話である。だから面白くないというわけではない。様々な鉄道関係の著作があるが、(主として)地形に着目しているのは、私が知る限りではほか...

      続きを読む
    開く

    セーフモード