戦争を記憶する 広島・ホロコーストと現在

著:藤原帰一

756円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    歴史の記憶とは?「国民の物語」とは?戦後日本において、第二次大戦=〈戦争〉はどのように記憶され、日本人の心性に影響を与えたか。イデオロギーの呪縛をとき、気鋭の政治学者が真摯に問い直す。(講談社現代新書)

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    9
    5
    1
    4
    5
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/02/14Posted by ブクログ

      2001年出版の本だが、北朝鮮のミサイルの脅威の中で
      暮らす今に響くことが多い。

      戦後の歴史論争は今も続いている。

    • 2017/09/24Posted by ブクログ

      著者:藤原帰一(1956-) 国際政治学、比較政治学、フィリピン政治研究
      カバーイラスト:板野公一
      著者写真提供:国際交流基金アジアセンター

      メモ:参考文献が面白い。青木保『「日本文化論」の変容』や...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2016/12/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード