聖書vs.世界史 キリスト教的歴史観とは何か

著:岡崎勝世

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    天地創造から6000年で人類は終末を迎えると聖書はいう。では、アダムとエヴァより古いエジプトや中国の歴史はどうなるのか。ニュートンの時間概念はどうなるか。聖書と現実の整合性を求めて揺れ続けた西欧知識人の系譜。(講談社現代新書)

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/05/10Posted by ブクログ

      聖書が語る歴史と、教科書的な世界史が矛盾していることについてずっと気になっていた。なにしろ世界的なベストセラーである聖書に記載された歴史なのだから、矛盾をどのようにこれまで理解、解消されてきたのか知り...

      続きを読む
    • 2014/06/30Posted by ブクログ

      聖書をどう読んでも、天地創造からイエスの誕生までの間は5000年しかありません。
      聖書に矛盾しないように「歴史」を記述しようとするとき(普遍史)、イエスの誕生以前のイベントをその5000年に収納しなけ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/06/06Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000198446","price":"770"}]

    セーフモード