数学でつまずくのはなぜか

著:小島寛之

770円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    マイナス×マイナスはなぜプラスになるの?中学生になった途端、数学につまずくこどもは多い。なぜ数学は忌々しいのか?証明問題、二次方程式、関数……豊富な指導経験で培った数学のツボを徹底伝授!(講談社現代新書)※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント(26件)
    • 2014/12/28

      「マイナスにマイナスをかけるとなぜプラスになるの?」本書が端を発するのはそんなありがちな問いかけだが、「そう決まっているから」以上の説明が出来る人は多くはない。数学の授業で教えてくれるのは『数学の決ま...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    • 2012/04/20
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 2008/04/04

      ・魚が七匹いる、という7と、一週間が七日ある、という7が同じものだと認識した人間は大変な発見をしたのだ

      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード