新装版 四次元の世界 : 超空間から相対性理論へ

著者:都筑卓司

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    卵を割らずに黄身がとり出せますか? 四次元の世界ではそれが可能だというのです。アインシュタインがついに見つけた実在する四次元から、超多時間理論、重力波まで、絵には描けない世界を丁寧に語り尽くします。(ブルーバックス・2002年8月刊) ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

    続きを読む

    レビュー

    • 2010/05/24Posted by ブクログ

      [ 内容 ]
      卵を割らずに黄身がとり出せるか?
      四次元の世界ではそれが可能だという。
      真実とはかくも奇妙なものなのか。
      アインシュタインがついに見つけた実在する四次元から、超多時間理論、重力波まで、絵...

      続きを読む
    • 2012/05/15Posted by ブクログ

      相対性理論を理解する上で、何が思考の原点になっているかを窺い知ることができる本。難解という訳ではないが、それでもところどころ、腰を落ち着けて読む必要がある。そこが本書の肝の部分だからだ。

      ・力学では...

      続きを読む
    • 2011/04/16Posted by ブクログ

      途中までですが,途中から抽象的な話で読む力が無くなりました…。
      4次元が実現するなら~という仮定のもとでの現実はどうなるのかってことを考えさせてくれました。超次元空間こそ解析やってる人ならある程度頭で...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000198412","price":"1100"}]

    セーフモード