【最新刊】女王暗殺

女王暗殺

1冊

著:浦賀和宏

1,320円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    母が殺された。謎の数字(ダイイングメッセージ)を遺して。孤独に生きる俺に残されたのは欠陥品の心臓だけ。だが、突然現れた記憶喪失の女によって世界が変わる……!俺をつけ狙う怪しい奴らの正体は、母を殺した犯人なのか。心臓を奪われ殺された死体は、何を語りかけるのか。知らされていなかった父と母の正体は。すべての謎が明らかになるとき、この世界の裏に蠢く、テロルの陰謀が姿を現す!!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/11/08
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    4.2
    5
    5
    2
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/05/01Posted by ブクログ

      前半は心理描写が多く、やや退屈。
      終盤の伏線回収は圧巻。
      他作品との繋がりが気になりすぎる。
      続編まだかなー。

    • 2012/11/19Posted by ブクログ

      「義務だったり、不自由だったり、人間はそういう諸々の制約の中で生きている。食うために働くのも、勿論それが生き甲斐になっている人もいるだろうけど、大多数の人間は仕方がないからやってるんだ。働かなくとも生...

      続きを読む
    • 2012/01/17Posted by ブクログ

      なんというか、もしかしたら傑作かもしれない。
      しかし、浦賀だからこその作品ですね。
      もしかしたら動き始めたのでしょうか?
      安藤直樹が登場しましたね。まだちゃんと登場していないですが…

    開く

    セーフモード