これがニーチェだ

著:永井均

715円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    ニーチェが問うた真に本質的な問題とは何か。哲学とは主張ではない。徹頭徹尾、問いである。〈神の死〉を語り、道徳を批判し、力への意志を説いた希代の哲学者の問いの構造を、見るも鮮やかに抉り出す快著。(講談社現代新書)

    続きを読む

    レビュー

    4
    34
    5
    12
    4
    15
    3
    4
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/17Posted by ブクログ

      最高の一語。ニーチェ何冊か読んだ後だと確かに「中和」の必要性を感じるが,それでもここまで核心をえぐり,網羅的で,ロマンティックに,かちっとした形式も備えて,笑える文体で思想家を論じるなんて人間業じゃな...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/11/13Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/05/16Posted by ブクログ

       ニーチェはニヒリズムの人だ。ニヒリズムというのは一般的には全てのものごとには意味や価値なんてないという考えだろう。
       以前,哲学史の本でニーチェの考えに触れたとき,私の心はすごく動揺した記憶がある。...

      続きを読む
    開く

    セーフモード