【最新刊】源氏物語と日本人 紫マンダラ

源氏物語と日本人 紫マンダラ

1冊

著:河合隼雄

825円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    母性社会に生きる日本人にとって『源氏物語』がもつ意味は、ことのほか大きい。そこには、人が自分の人生を回復させるのに欠かせない知恵が示されている!母性社会に生きる日本人の課題図書!<この作品は2000年7月に刊行された『紫マンダラ』を文庫収録にあたり、改題、再編集したものです>

    続きを読む
    提供開始日
    2013/11/08
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/11/22Posted by ブクログ

      紫式部という女性に尊敬の念を抱きました。
      あの時代にこれだけの作品を描き、
      そして今に読み継がれる。

      源氏物語は読んだことがありませんでしたが、
      だいたいの概要を知っていれば十分でした。
      しかし、こ...

      続きを読む
    • 2009/03/02Posted by ブクログ

      内容紹介:心理療法家・河合隼雄は語る。「これは光源氏の物語ではなく、紫式部の物語なのだと思うようになった。千年も以前に、これだけ『個』ということを追求した一人の女性がいたという事実に興奮してしまって、...

      続きを読む

    セーフモード