クラシック音楽は「ミステリー」である

著:吉松隆

756円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    「言葉」を知ったら、今までは単に「声の羅列」にしか聞こえなかったものが、ジョークだったり、笑い話だったり、怪談だったり(猥談だったり)、ミステリーだったりすることに気付くように、音楽の裏には思いもかけない「世界」が転がっている。※本書は、2006年4月よりインターネット上に連載中のブログ「月刊クラシック音楽探偵事務所」から抜粋し、書籍化にあたり加筆・再構成した作品です。

    続きを読む

    レビュー

    2.2
    5
    5
    0
    4
    0
    3
    3
    2
    0
    1
    2
    レビュー投稿
    • 2013/06/21Posted by ブクログ

      ・シェーンベルクは13という数字を恐れていた。49歳とか58歳のように足すと13になる年の13日の金曜日は外出しないようにしていたが、76歳の13日の金曜日、あと13分で翌日という時に喘息発作で死亡し...

      続きを読む
    • 2011/02/08Posted by ブクログ

      真面目一辺倒のクラシック解説本でないところが良かった。「ドン・ジョバンニ」は私には良さが解りづらい作品だったが、もう一度見てみようと思えた。

    • 2010/07/24Posted by ブクログ

      クラシック音楽と作曲家たちについてたくさん知識をお持ちの方のようですが、話があちこち飛んでいって、何をいいたいのかよくわかりませんでした。

    開く

    セーフモード