【最新刊】活性酸素の話 病気や老化とどうかかわるか

活性酸素の話 病気や老化とどうかかわるか

著:永田親義

1,166円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    肌のシミからガンの原因としてまで話題になっている活性酸素だが、その割には正しく理解されていないようだ。「活性」とは何か、フリーラジカルとは何なのか?体内でどのように生成されるのか?なぜ老化やガン、糖尿病、アルツハイマー病からその他、若い人の美容と健康にまでかかわるのか?専門用語をなるべく使わず誰でも親しみやすい対話形式で語り、しかも、活性酸素の作用の本質がしっかりわかる初めての書。(ブルーバックス・1996年9月刊)※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む
    ページ数
    322ページ
    提供開始日
    2013/11/22
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    • 2014/11/19Posted by ブクログ

      一重項酸素の説明が秀逸。生物学を専攻すると、活性酸素種を理解する上で量子化学という概念につまづいてしまう。他の活性酸素種は不対電子があるということで理解してきたけれど、一重項酸素に至っては全然分からな...

      続きを読む
    • 2016/02/19Posted by ブクログ

      フォトリーディング&高速リーディング。
      対話形式の文なので速読は難しいと思った。内容的には面白く分かりやすい。ただ20年も前の本なので、活性酸素の説明が最新かどうかに不安がある。おそらくもっと新しい研...

      続きを読む

    セーフモード