【最新刊】火事と密室と、雨男のものがたり

火事と密室と、雨男のものがたり

1冊

著:浦賀和宏

880円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    “奇跡の男”八木剛士(やぎたけし)の周辺で何故か頻発する怪事件。女子高生の首吊り死体が発見され、無差別放火事件が連続する。世の中を恨み続けて生きてきた剛士が、唯一出会った理解者・松浦純菜と事件を調べるうちに、ある1人の男に辿りつく。孤独に徹しきれない剛士の心に芽生える複雑な想いを、青春ミステリの先覚者、浦賀和宏が切なく描く!!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/11/08
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    2.6
    6
    5
    0
    4
    1
    3
    3
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2020/03/24Posted by ブクログ

      二作目。連続放火事件と偽装自殺事件の謎を追うミステリ。「密室」の正体は案外と単純なものなのだけれど、しかし犯人はなぜ雨が降ることを知っていたのか、という謎の答えがこのシリーズならではのものなのですね。...

      続きを読む
    • 2015/03/04Posted by ブクログ

      松浦純菜シリーズ2作目。
      chapter 9 の南部のお話は言いたいことも分からず、読むのが辛かった。
      ミステリーとしても微妙。
      事件や雨男の設定は好きなんですが。

    • 2013/01/01Posted by ブクログ

       久しぶりに読書。放置していた先月の浦賀の新刊。もっと別のタイトルはなかったのかと思う。まんまじゃん。
       前作『松浦純菜の~』の続編で、《力》を持つ人間の物語。松浦純菜も八木剛士も登場。相変わらず鬱屈...

      続きを読む
    開く

    セーフモード