【最新刊】絆

絆

小杉健治

555円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    “夫殺し”の起訴事実を、すべて認めた被告弓丘奈緒子。執拗に無実を主張する原島保弁護士。犯行に使われたと思われる柳刃包丁を買ったのは奈緒子だ、と認める証人。殺された夫には愛人がいた。離婚話もあって……状況は被告不利に傾いてゆく。だが、裁判の進行につれて明らかになる秘められた意外な真実とは。人間の心の気高さを謳いあげる感動の長編法廷ミステリー。第41回日本推理作家協会賞長篇部門受賞作!

    続きを読む
    提供開始日
    2013/11/08
    連載誌/レーベル
    集英社文庫
    出版社
    集英社
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    • 2019/09/09Posted by ブクログ

      ー これまでの検察側の尋問においても、被告人の犯行は浮き彫りにされたのである。さらに、被告人自身も自白している。このようなケースにおいて、なおかつ原島弁護士だけが無実の主張をしているのだ。

      事実はな...

      続きを読む
    • 2011/09/19Posted by ブクログ

      先日、コミックスで「家裁の人 全10巻」を読み終えたばかり。
      カバーのかかった「次に読む本」候補、数冊の中から目をつむって選んだのが、この本。 帯の「書店員さん大絶賛」の惹句に思わず購入。第41回(1...

      続きを読む
    • 2012/04/08Posted by ブクログ

      「絆」
      日本の、法廷物ミステリーの名作をご紹介。
      ミステリーでは、裁判で真実を暴く、というのが王道ですが、小杉作品は「暴いてはいけない真実もあるのではないか、真実とは何か?」が大きなテーマとなっている...

      続きを読む
    開く

    セーフモード