もっと あの世に聞いた、この世の仕組み

著:雲黒斎

1,584円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【電子書籍版特典】電子書籍版特典として、本にはない「第11章神様からの宅急便」を収録!知れば人生が楽しくなる!「一番わかりやすい」見えない世界の話。普通のサラリーマンをしていた著者は、鬱病治療のためにつよ~い薬を飲んだところ、「雲さん」という守護霊と会話ができるようになりました。そして、この雲さん、あの世の住民であるだけに、「この世」の様々な疑問をわかりやすく明快に説明してくれるのです。ベストセラーとなった第1作目『あの世に聞いた、この世の仕組み』で、雲さんは「この世のからくり」や「苦しみが生まれる仕組み」を中心に教えてくれましたが、第2弾の本書では「さとる」ということから「輪廻転生」「アセンション」「『般若心経』のお経の意味」などを教えてくれます。あなたもこの本を読めば、「見えない世界」に関する、今までわからなかったことや、不思議だったことがよくわかり、「心の平安」が取り戻せるはずです。*目次より第1章「誕生」という思い込み第2章こんにちは、赤ちゃん第3章人生は「苦」なり第4章オープン・ユア・ハート第5章超訳『般若心経』第6章人生という名のスクリーン第7章意味と価値のありか第8章「うつ」にまつわるエトセトラ第9章アセンション後の新世界第10章スプリング・ハズ・カム第11章神様からの宅急便

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/03/16Posted by ブクログ

      【キーアイデア】
      『この世はゲーム』

      【目的】
      人生の意味を精神世界の観点から考察する材料とするため

      【引用】
      ・「身ごもる」っていうのは、胎内に新しい命が宿ることじゃない。新しいカルマが宿るとい...

      続きを読む
    • 2014/05/15Posted by ブクログ

      この本の1つ前の「あの世に聞いたこの世の仕組み」はスピリチュアルと思って読んでいたんですが、こちらの続編では仏教の般若心経を分かりやすく読み解いてくれています。

      仏教の漢字ばっか並んでる意味不明の文...

      続きを読む
    • 2013/09/13Posted by ブクログ

      最初は、今までの本で既出の内容もあり、新鮮さはなかったですが、般若心経のくだり、たんぽぽの話など、相変わらず、わかりやすい表現で説明していて、笑いながら読ませてもらいました。
      著者の本を数冊読んでいま...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000197634","price":"1584"}]

    セーフモード