今日は、心をみつめる日。

著:衛藤信之

972円(税込)
ポイント 9pt

ほんとうの幸せを手に入れるためには、いったいどのような生き方をすればいいのか――。誰もが思い悩む究極の問いに応えるのは、日本一顧問企業数の多い心理カウンセラーとして活躍する衛藤信之氏。全国で開催されている心理学教室でもキャンセル待ちが起こるほど人気の高い著者です。心を落ち着けながら、穏やかな気持ちでお読みいただきたい、待望の一冊です。(目次より)◎「足りない」ことが幸福の種子になる◎幸せと不幸は双子の兄弟である◎不完全であることを肯定しよう◎幸福とは「いま」を深く生きること◎コップ一杯の水にもストーリーを感じよう◎自分の歩幅で歩く人が、いちばん遠くまで歩く◎「愛さなければ愛されない」という不変の法則◎誰もが固有の役割をもって生まれている◎死から目をそむけるとき生が希薄になる◎「借りのいのち」ならこの世で使いきってしまおうほか

続きを読む

レビュー

3.6
14
5
5
4
3
3
3
2
2
1
1
  • 2018/10/08Posted by ブクログ

    【概略】 未来は明るいと思うより、未来は不幸だと思う人々が多い昨今、幸せとはなにか?「自分」との向き合い方、周囲との接し方・・・ココロのありようを変えることで、人生を変えることができるのではないか?を...

    続きを読む
  • 2016/12/21Posted by ブクログ

    とても優しい語り口なので読んでいると心がホッとします。 色々な人達のエピソードを交えながら人生を豊かに暮らすのに一番大事なことに気づかせてくれる一冊です。

  • 2015/10/22Posted by ブクログ

    結構前に読んだ本なのであまり内容を覚えていない。ただ、この著者の本はあまり自分には合ってないなぁと感いたのだけおぼえている。 以上

もっと見る

セーフモード