勝つ人間の「見切る」技術

著:桜井章一

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    百戦錬磨の勝負師が、その日常で行っている「見切り」とは?20年間無敗の、百戦錬磨の勝負師と呼ばれる桜井章一さんの「見切り」とは、無責任に何かを投げ出すことでも、やみくもに捨て去ることでもありません。物事をシンプルにするという、前向きな「決断」――それが「見切る」ということ。潔く捨て、断ち切れないものをあきらめ、ときに逃げるという手さえ打つ。そんな「上手な見切り」が人生にどれほど大切かを教えてくれる本です。桜井章一さんのファンの方はもちろん、まだその言葉に触れていない方もぜひ手に取っていただきたい一冊です。*目次より◆「満たす」ことをあきらめる「あといくつ?」で考えるな足りていない、とは「すでに何かは足りた状態」◆「壁」からいったん逃げる頂が見えず苦しいならば、いったん壁から離れよ腹を決めたら難事の「ヘソ」に飛び込め◆「プロの肩書き」をあきらめる本当のプロは「プロでありつつアマチュア」の人「プロ」の枠にとどまって甘んじるな◆「大きな夢」をあきらめる大きな夢は持つな目標は「前に」ではなく、「横に」置け◆「悟り」を捨てる安易に悟ったような顔をするな「未完」を求めよ

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000197546","price":"1100"}]

    セーフモード