【最新刊】物語 アイルランドの歴史 欧州連合に賭ける“妖精の国”

物語 アイルランドの歴史 欧州連合に賭ける“妖精の国”

著:波多野裕造

946円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    アイルランドは人口僅か三五〇万余の小国ながら現在、世界各地に住むアイルランド系の人々は七千万を超すといわれる。現大統領メアリー・ロビンソンは就任演説で「七千万同胞の代表として」と抱負を語った。紀元前数世紀いらいの古いケルト文化と伝統を継承するこの国は、いま統合ヨーロッパの息吹の中で、新たな飛翔を試みている。本書は五千年に及ぶ民族の哀歓の歴史を跡づけ、北アイルランド問題の本質にも迫ろうとする。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/11/01
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    3.6
    6
    5
    0
    4
    4
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2011/04/06Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/07/04Posted by ブクログ

      駐アイルランド大使を務めた経験もある著者によるアイルランド通史。
      アイルランドの起源から1990年代まで、一冊によくまとまっている。

      島国として、グレートブリテン島とヨーロッパ大陸(北はスカンディナ...

      続きを読む
    • 2010/10/05Posted by ブクログ

      アイルランドの歴史が新書サイズで読めるありがたい書籍。ケルト住民が移住してきた古代から現代に至るまでの歴史が書かれている。しかし、本土以外の従事した戦闘に関してはスルーされているので他国での戦闘はその...

      続きを読む
    開く

    セーフモード