【最新刊】死刑囚の記録

死刑囚の記録

1冊

著:加賀乙彦

734円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

    一九五四年、松沢病院の医師として一人の殺人犯を診察したときが、著者の死刑囚とのはじめての出会いであった。翌年、東京拘置所の精神科医官となってから、数多くの死刑囚と面接し、彼らの悩みの相談相手になることになる。本書では著者がとくに親しくつきあった人たちをとりあげてその心理状況を記録する。極限状況におかれた人びとが一様に拘禁ノイローゼになっている苛酷な現実を描いて、死刑とは何かを問いかけ、また考える異色の記録。

    続きを読む
    ページ数
    519ページ
    提供開始日
    2013/11/01
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    4
    18
    5
    6
    4
    8
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2018/04/17Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/03/04Posted by ブクログ

      刑務所内で医師として働いていた筆者の当時の体験をもとに書かれた死刑囚の心理についての考察。仕事柄成し得た様々な死刑囚達との高頻度な交流を通して、その心のうちが精神科医である筆者の鋭い視点によって整然と...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2015/10/28Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード