西遊妖猿伝 大唐篇 4巻

諸星大二郎

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

旅の途中、父の行方を捜す若者と出会った孫悟空。二人で訪れた盤糸嶺(ばんしれい)で、虫使いの少女7人に迎えられます。彼女たちの師・蝗婆々(こうばば)の持つ呪具・紫金鈴は、ムカデを操る道士「百眼道人」に狙われていました。やがて虫使い同士の仁義なき呪術戦争が勃発!一方、悟空と奇縁で結ばれた僧・玄奘は、ついに天竺へと旅立ちます。猪八戒も初お目見えし、ますます目が離せない諸星版西遊記、第4巻であります!

続きを読む
  • 西遊妖猿伝 大唐篇 全 10 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    西遊妖猿伝 大唐篇 全 10 巻

    7,700円(税込)
    77pt獲得

レビュー

4
1
5
0
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2009/04/21Posted by ブクログ

    いがいと、かしましい娘がかける諸星 大二郎であったという……。
    でも、この七仙姑の話は、ホントに華やかで、好きです。

    ベテラン特有の余裕を持った軽さを感じます。

[{"item_id":"A000197341","price":"770"}]

セーフモード