【完結済み】西遊妖猿伝 大唐篇 1巻

西遊妖猿伝 大唐篇

完結

諸星大二郎

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

隋末期の中国。花果山の麓に住む孫家の少年は、強大な妖怪・無支奇(むしき)に見込まれて、その称号「斉天大聖」を受け、額に金環を授かります。その時から、彼の運命は戦いと血のるつぼの中に投げ込まれました。少年の名は、悟空――――。2008年秋、モーニングにて漫画界待望の続篇「西域篇」がスタートした血湧き肉躍る諸星版西遊記、第一部であります!

続きを読む
ページ数
407ページ
提供開始日
2013/11/22
連載誌/レーベル
モーニング
出版社
講談社
ジャンル
青年マンガ
  • 西遊妖猿伝 大唐篇 全 10 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    西遊妖猿伝 大唐篇 全 10 巻

    7,700円(税込)
    77pt獲得

レビュー

  • 2020/06/24Posted by ブクログ

    3度目の「西遊妖猿伝」です。といいつつ、2度目のものは、まだ読んでなかったりします。だから、読んだのは、最初の「大唐篇」だけなのです。

    だから、最初の「大唐篇」は、読んだはずなのですが、けっこう、内...

    続きを読む
  • 2020/06/24Posted by ブクログ

    諸星作品群で、最初に出会った作品。

    大学の寮の勉強室に先輩の遺産としておいてあった。

    当時は途中で終わっていたような。。でも強烈な印象が残りました。

    あれから20年近く。

    再び読んでも、まった...

    続きを読む
  • 2020/06/24Posted by ブクログ

    七仙姑の話も、きれいにまとまりました。

    そして、また冒険に。
    トラブルに巻き込まれながら旅をしているのを見ると、「西遊記」という感じがしますね。

開く

セーフモード