【最新刊】影の王の婚姻4 ふたりの王

「影の王の婚姻」シリーズ

著者:天海りく イラスト:犀川夏生

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    散らない薔薇と神殿に潜む密偵。問題を解決すべく対策を練るフィグネリアだったが、アドロフ公の「お前の婿は本当に次期皇帝の伴侶としてやっていけるのか」という言葉が頭を離れない。一方、クロードもまた妻の戸惑いに気づくも、話してもらえず落ち着かない気持ちでいた。そんなとき、神子と話したクロードは己の笛にまつわる秘密と重要な事実を知り――!?婚姻ラブロマン、堂々完結!

    続きを読む
    提供開始日
    2014/06/26
    連載誌/レーベル
    ビーズログ文庫
    出版社
    KADOKAWA
    ジャンル
    ライトノベル
    • 「影の王の婚姻」シリーズ 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      「影の王の婚姻」シリーズ 全 4 巻

      2,508円(税込)
      25pt獲得

    レビュー

    • ネタバレ
      2013/09/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • ネタバレ
      2013/03/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/03/01Posted by ブクログ

      ディシベリア帝国皇女・フィグネリアへの誕生日祝いはあまりに怪しい“婿”だった。刺客かと疑うも、クロードと名乗る彼は何にもできない優男で……。

      これはよい夫婦!
      何もできない優男って、少女小説的謙遜か...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000270625","price":"660"}]

    セーフモード