夢について

著:吉本ばなな

477円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    手触りまであるカラーの夢だって見ることができる著者のドリームエッセイ。会えるなんて思ってもいなかった、憧れの藤子F先生と対談して大感激した話。死んでしまった大切な友人に夢のなかで再会できた話など、優しい気持ちにさせてくれる〈青い〉出来事を綴った二十四編。夢は美しく生きるためのもうひとつの予感。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/07/05Posted by ブクログ

      吉本ばななさんの本って、実は二冊くらいしか読んだことない。。

      まず一冊目は、2007年頃だったでしょうか。東京時代に塚本晋也さん演出で、加瀬亮さんと市川実日子さん主演で本多劇場へ観に行った『哀しい予...

      続きを読む
    • 2007/11/14Posted by ブクログ

       現実的な夢や、あり得ないことばかりが起こる夢。予知夢を見たり、他人と同じ夢を見たり。たくさんの“夢”にまつわるエッセイ。

       友人達と、夢の話をするのは楽しい。私が聞いた中で、最も興味深かったのが“...

      続きを読む
    • 2014/01/14Posted by ブクログ

      年初から素敵な本にばかり出会う。
      今年は良い年になりそうです。

      「生きていくことは、本当はもっとこんなふうにエロティックで、食べること、性と、死ぬことと、大自然と、何もかもがこんな風に大胆に野蛮にし...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000196250","price":"477"}]

    セーフモード