まぼろしハワイ

著:よしもとばなな

507円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

    パパが死んで三ケ月。傷心のオハナは、義理の母でありフラダンサーのあざみとホノルル空港に降り立った。あざみの育ての親マサコの、永遠の踊りに出会い、薄青い空、濃い緑、白く尖った波を眺めているうちに、涙の嵐に襲われる日々が変わっていく。パパはもうどこにもいないけれど、人生は続くのだ。優しいハワイに包まれ、生命が輝き出す奇跡の物語。

    続きを読む

    レビュー

    3.7
    63
    5
    14
    4
    28
    3
    16
    2
    2
    1
    3
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2019/05/03Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2018/06/22Posted by ブクログ

      ばなな先生、僕のイメージではフワフワゆるゆるで耳ざわりがいい言葉の人だと思ってた。

      でも今回は違った。

      生きることを太い輪郭で書き、目に見えない空気や光、風を繊細にはっきりと読ませてくれた。

      ...

      続きを読む
    • 2018/01/08Posted by ブクログ

      ことばのかけらひとつひとつに、エネルギーがじんわりとこもっていたので、まるで少し冷えた箇所を温めるような一冊だった。

      心が弱ってしまったときに、もう一度読みたい。

    開く

    セーフモード