【最新刊】スウィート・ヒアアフター

スウィート・ヒアアフター

1冊

著:よしもとばなな

468円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    お腹に棒がささった状態から生還した小夜子は、幽霊が見えるようになってしまった。バーに行ったら、カウンターの端に髪の長い女の人がいる。取り壊し寸前のアパートの前を通ると、二階の角部屋でにこにこしている細く小さい女の人がいる。喪った恋人。元通りにならない頭と体。戻ってこない自分の魂。それでも、小夜子は生き続ける。涙あふれる書き下ろし小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/10/26
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.6
    33
    5
    4
    4
    16
    3
    10
    2
    2
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/09/22Posted by ブクログ

      心情描写がメインの、ほんの短い期間の機微とか 世の中の理を描いたような本だった。
      天国がこういう場所だったらいいなと思った。
      小夜ちゃんのような姿勢で生きることができたら何が来ても大丈夫そうだなと思え...

      続きを読む
    • 2019/07/08Posted by ブクログ

       突然の交通事故で最愛の婚約者を失った女性が、臨死体験から恢復し、周囲から見守られ周囲を見守りながら、「大切なひとを失った自分」を受け入れ、自らの生を肯定していく、というストーリー。

       作者お得意の...

      続きを読む
    • 2017/11/21Posted by ブクログ

      久々のばななさん。この独特の甘くて鋭い雰囲気が前はそれほど入ってこなかったけど、私が歳とったからか、今回はすーっと入ってきた。すんなり受け入れられた。
      震災後に書かれた本。近い人が亡くなった人への優し...

      続きを読む
    開く

    セーフモード