“文学少女”と飢え渇く幽霊 4巻

完結

原作:野村美月 ファミ通文庫(株式会社KADOKAWA エンターブレイン刊) キャラクター原案:竹岡美穂 作画:高坂りと

628円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

元“大人気美少女作家”のぼく、井上心葉と、物語を食べちゃうほど愛している“文学少女”の天野遠子先輩。二人きりの文芸部に届けられる、謎の数字の書かれた紙片を追って、二人はそれぞれの雨宮蛍という少女のことを調べていく。蛍の彼氏だという、遠子の居候先の家の男の子、流人。行方不明になってしまった彼を捜しに、蛍の家を訪れた二人は、地下室に閉じこめられてしまう。そこで二人が目撃するのは…。数字の謎とは?蛍そっくりな夏夜乃の正体は?後見人の黒崎の秘密とは?すべての謎が明かされる感動の最終巻!

続きを読む
  • “文学少女”と飢え渇く幽霊 全 4 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    “文学少女”と飢え渇く幽霊 全 4 巻

    2,492円(税込)
    24pt獲得

レビュー

  • 2013/11/22Posted by ブクログ

    幽霊完結巻かつ文学少女コミカライズ最終巻。蛍の一撃は、いろんな意味で彼の心を貫いた。別の物語であればよかったのに、とも願ってしまう。ラストはだいぶ端折ったけど、文学少女のラストだった。新×の母の予言、...

    続きを読む
  • 2013/11/23Posted by ブクログ

    やっぱりこのペースじゃ全作コミカライズは難しかったか。幽霊編にて漫画版終了っぽい。
    原作だと毒がありすぎて苦手だったエピソード。漫画で見ると記憶ほどではないがやっぱり悲惨なお話。ここで終わらせちゃいか...

    続きを読む
[{"item_id":"A000201701","price":"628"}]

セーフモード