怪盗を愛したら

マリーン・ラブレース 翻訳:浜口祐実

660円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    世界中に愛人がいる男にとって恋愛は、単なるゲーム。■一大レストランチェーンの経営者にして世紀のプレイボーイ、ニック・ジェンセンには知られざる顔があった。実は、秘密組織〈オメガ〉を率いる局長なのだ。最近何者かに命を狙われた彼は、その背景を探るべくかつて封印したもう一つの顔――南フランスを騒がせた、伝説の怪盗としての過去――を訪ねる旅に出ることにした。旅の道連れは、部下のマッケンジー・ブレア。有能だが、男嫌いでかたくなな女性だ。仕事はすぐに片づくだろうし、美しい地中海を眺めながらきまじめな彼女を口説くのも一興だろう。ニックは“恋人役”として同行するよう、彼女に命じた。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント
    • このシリーズは割と好きなんだけど、これは今ひとつだった。原点に戻ってみたいな、所長と部下というパターンです。ヒロインが頑固で妙に生真面目なところがポイントで、上司の時計に黙ってGPSをつけたりと、なか...

      続きを読む
    • 秘密組織<オメガ>7作目。局長ニックと通信部長マッケンジーの恋。

    • 〈オメガ〉7作目。未読箱から発掘できた分を読み進めてる、全部揃ってから順番に読むつもりだったのにガマンできなかった。いずれ一気に再読しようっと。タイトルとあらすじはダメダメ。

    セーフモード