現代文訳 正法眼蔵〈4〉

著:道元 訳:石井恭二

972円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

道元思想の精髄を伝える名著の第四分冊。若き道元の鮮烈なマニフェスト「弁道話」を収め、七十五巻本ここに完結!自己は普遍的存在たりうるか?相対と絶対、無限と有限がからみあう無常の世界の永遠の難問を透視する。そして、個人の平等な心の自由と存在を基点に、虚空としての実存を緻密な論理と鮮やかなイメージで開示する。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード