現代文訳 正法眼蔵〈2〉

著:道元 訳:石井恭二

990円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    『正法眼蔵』を原文の堅牢緻密さと豊かな詩的イメージをそのままに見事な現代文に甦らせた待望の名著の文庫版第二分冊。第十七「恁麼」巻から第三十四「仏教」巻まで、道元四十三歳から四十四歳までの円熟期に書かれた『眼蔵』全巻での白眉。デカルトを超えハイデッガーに対比しえる存在論、時間論、言語論、そして禅の本質論を収載。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。

    続きを読む
    • 現代文訳 正法眼蔵 全 5 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      現代文訳 正法眼蔵 全 5 巻

      4,950円(税込)
      49pt獲得

    レビュー

    • 2010/11/13Posted by ブクログ

      きっと読み方としては何かを学ぼうとしてガツガツ読むよりは、肩の力を抜いたふとしたときに読むのが正しいのだろう。「あれなんだったっけ?」と開く辞書のように。そのかわり、内容は一生枕元においておけそうなく...

      続きを読む
    • 2011/07/05Posted by ブクログ

      生と死は対立していない。例えば冬と春とのようなものだ。人は冬が春となるとは思わない、春が夏となるとは云わないのだ。

    [{"item_id":"A000195813","price":"990"}]

    セーフモード