海底八幡宮

著:笙野頼子

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    国を追われ、故郷を奪われ、来歴を消され、名前を奪われ、真実を消されて千五百年。じわじわと囲まれていないことにされた海洋華厳王国の逞しき精霊。白髪の作家が千葉の建売で見た…真夏のミル・プラトー千五百年史。

    続きを読む

    レビュー

    4.6
    3
    5
    2
    4
    1
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2011/11/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2010/12/12Posted by ブクログ

      はじめての笙野頼子。

      難解だった。二百回忌あたりから入りなおしたい。

      キーワードに則ってすごく自意識のままに書いているという感じ。

      売れているんだろうか。(需要があるんだろうか)

      私はおもしろ...

      続きを読む
    • 2010/06/03Posted by ブクログ

      とんでもねえなこれは。筒井御大以来の衝撃。甚だ乏しく偏った読書体験しか持たないわたくしではあるが、こういう作家は迷わず天才認定することにしている。何かしらどんよりとウーハーな通奏低音が響く中、金比羅と...

      続きを読む

    セーフモード