【最新刊】行ってみたいな、童話の国

行ってみたいな、童話の国

1冊

著:長野まゆみ

385円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

    この物語、ほんとうは、子どもたちに聞かせるような話ではないのです…「ハンメルンの笛吹き」「ピノッキオ」「にんじん」-笑いとざわめきと官能にみちた物語の国を、夢み、旅する、長野まゆみの残酷童話集。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。

    続きを読む
    ページ数
    153ページ
    提供開始日
    2013/11/01
    連載誌/レーベル
    河出文庫
    出版社
    河出書房新社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.2
    20
    5
    5
    4
    4
    3
    4
    2
    4
    1
    3
    レビュー投稿
    • 2016/06/15Posted by ブクログ

      「ハンメルンの笛吹き」「ピノッキオ」「にんじん」の3つの童話を、長野まゆみ流に解釈した短編集。
      長野先生といえば、「少年アリス」や「天体議会」など美しく幻想的な作品のイメージがあったのですが、この小説...

      続きを読む
    • 2015/05/05Posted by ブクログ

      長野まゆみさんの作品で好きなもののひとつです。
      中学生の頃に読んで、忘れられず昨日また読みました。
      機会があればこういったスタイルで他のお話も書いて欲しいです。

    • 2014/02/27Posted by ブクログ

      容赦なく残酷で醜いのに、ところどころ美しさの片鱗が埋もれているところがまた不気味さと不快感を引き立てていて、わたしはあまり好きじゃなかったです。

    開く

    セーフモード