こいもく 3巻

原作:林達永/作画:李海源

607円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

クーポン利用で【50%OFF】 303(税込)で購入できる! 6回利用可能

初回ログインでもらえる50%OFFクーポン

獲得

作家より優れた編集者なんて存在するの?編集者と漫画家の関係…創作集団OZMAがそのあり方を問う!コミックスプラッシュの読み切り掲載で結果を残した耕太は、続いて短期集中連載を執筆することになる。しかし作業効率を上げる為にと日向に紹介されたちょっと癖のあるアシスタント迫水千佳と、出会い頭に喧嘩別れしてしまう。日向の説得によってもう一度話し合う場を設ける事になった二人は、原稿を見せ合い、千佳の持つ画力、耕太の描き出す原作にお互い納得し、無事コンビ結成へと至る。作業も順調に進み、息抜きに遊びに出かけた耕太はその帰り道、酔い潰れ、雨に打たれるコミックヒート編集長さやかと遭遇し、家まで送り届けるのだが……。<収録作品>第9話/僕辞めますから!!!/第10話/編集と作家1/第11話/編集と作家2/第12話/OZMAからの挑戦状

続きを読む
  • こいもく 全 5 冊

    未購入の巻をまとめて購入

    こいもく 全 5 冊

    3,035円(税込)
    30pt獲得

レビュー

レビューコメント
  • すごくバクマンっぽくなってきた。マンガ制作を個人で行うか、集団で行うか?マンガは芸術か、商品か?マンガに大切なのは作家性か、一般性か?マンガ家マンガとしては王道なこうした問いにどう答えられるかで作品評...

    続きを読む
  • 編集長がイカレたきっかけを書いている。そのきっかけとなる漫画を描いてる組織と漫画の人気で対決。__盛り上がりに欠けてる。展開も早いし。

  • 表紙詐欺じゃないかw 千佳はやっぱりあまり出番なく 主人公が愛読するOZMAのスタジオに行き、連載バトルがはじまる と OZMAと日向の因縁も絡んで、どう展開するのか

  • ヤンキーロリ

  • 何だか強引な展開?絵柄可愛いので、次刊に期待。

セーフモード