スワロウテイル人工少女販売処

籘真千歳

891円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    〈種のアポトーシス〉の蔓延により、関東湾の男女別自治区に隔離された感染者は、人を模して造られた人工妖精(フィギュア)と生活している。その一体である揚羽(あげは)は、死んだ人工妖精の心を読む力を使い、自警団(イエロー)の曽田陽介と共に連続殺人犯"傘持ち(アンブレラ)"を追っていた。被害者の全員が子宮を持つ男性という不可解な事件は、自治区の存亡を左右する謀略へと進展し、その渦中で揚羽は身に余る決断を迫られる――苛烈なるヒューマノイド共生SF。

    続きを読む
    • スワロウテイル 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      スワロウテイル 全 4 巻

      3,707円(税込)
      37pt獲得

    レビュー

    4
    48
    5
    15
    4
    21
    3
    10
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/07/05Posted by ブクログ

      水平線、男女、自我、無数の境界/線上で蝶は羽ばたく。

      これは近未来、人類が土星から先に進む目を自らの手で潰した頃の物語です。

      舞台は技術立国、経済大国の名も高くも、その実態は凋落著しい日本国。
      ...

      続きを読む
    • 2012/07/01Posted by ブクログ

      題名、及び裏表紙解説から当初に連想させられたイメージに比べると、随分と趣の異なる物語、というのが読了後の第一印象だった。

      倫理観の変質著しい未来のディストピア社会と人形倒錯、あるいは自己の実存性に悩...

      続きを読む
    • 2014/10/11Posted by ブクログ

       種のアポトーシスと呼ばれる性交によって感染する病を患った男女たちが暮らす男女別自治区。そこでは異性の代わりに人間を模して造られた、人工妖精(フィギュア)が人々と共に暮らしている。
      その自治区で連続殺...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000195302","price":"891"}]

    セーフモード