官能小説家へ告白中【イラスト入り】

森本あき/かんべあきら

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    「いい小説を書いてやる。だから、させろ」 今日もまた、憧れの看板官能小説家・天堂近衛の家を訪れる。近衛の担当編集者になって数年、宮野若葉は身体と引き換えに原稿を書いてもらってる。肛姦小説を書くからと言っては何度もセックスされ、何も知らない若葉の身体を開発された。傲岸不遜で絶対に敵わない、7歳年上のイイ男。これはただの仕事。だからなるべくビジネスライクに。そう思い続けながらも、好きの気持ちは止められなくて…。龍×紅葉の「官能小説家に痴漢中v」も収録。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード