官能小説家に服従中【イラスト入り】

森本あき/かんべあきら

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    「足を開け」 憧れの看板官能小説家・天堂近衛の担当編集者になって五年。若葉は自分の身体を近衛に差し出して原稿を書いてもらってる。特にセックス描写に関して近衛は、嫌がる若葉の胸をいじり、後ろに指を入れて身体の反応を確かめようとする。感じてしまう自分がいやだった。「私の小説に協力してくれ。おまえが必要だ」絶対に逆らえない殺し文句で近衛は若葉を嬲る。近衛の仕事のためだって分かってるけど、胸が苦しくて…。龍×紅葉のラブラブ番外編も収録v

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード