ツンドラ ブルーアイス

安野モヨコ

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

「いちばんあったかいのは2人でいること」世界で2番目にさむい街に住む、しっかり者のカラとお調子者のノム。2人は仲よしだけれど、何気ない日常の中でお互いの性格に、ときにイライラし、些細なことでけんかもしてしまう。それでも、トナカイやペンギンとの出会い、ノムの風邪などふとした出来事がきっかけとなり、カラとノムは一緒に生活していくために大切なことは何かを考えていく。隣にいる人を愛おしく思うきっかけは、きっと日常の片隅に転がっている。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    春は3日、夏は10日。
    太陽は滅多に顔を出さず氷に包まれた街のはずれに住む
    しっかり者のカラと、お調子者のノム。

    短い春と夏の真ん中にやって来る""あまのじゃく""。
    いつまでも夜のこない夏の空。
    ...

    続きを読む
  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    働きマンとかシュガシュガルーンでお馴染みの安野先生の漫画。
    ハードカバーで普通の漫画よりややおっきくてお値段高い目。
    世界で2番目に寒い氷の国に暮らす仲良し2人組のほんわか暖かいお話www
    大切なもの...

    続きを読む
  • 2020/07/10Posted by ブクログ

    装丁までも素敵(鈴木成一さんが好きすぎてちょっと憎いくらいに)で、ノムとカラのふたりも、漫画の世界も大好きです。
    月日がたって少しずつボロくなっても、なんだか更に好きになる表紙。
    大切なまんがの一つで...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000195063","price":"660"}]

セーフモード