生類憐みの令 道徳と政治

著:板倉聖宣

1,408円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。道徳的にせよ政治的にせよ,正しいこと,正義を広め実現していくには,社会の運動法則をきちんと見極めてかからないと,とんでもない逆効果をおこしかねない。世界で最初のもっとも徹底した動物愛護の法令を定めたのは徳川将軍・綱吉だった。俗説と異なる理想主義を検証し,道徳や政治の問題を社会の法則とからめながら考えることができる。〈生類憐みの令〉の実態を初めて明らかにした本。★★ もくじ ★★第1部 〈生類憐みの令〉の範囲第2部 〈生類憐みの令〉の成果 ……犬の場合第3部 〈生類憐みの令〉の起源とその継続と廃止第4部 〈生類憐みの令〉年表 ……本文にもれた話付 録 授業書〈生類憐みの令〉

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード