【最新刊】昔、言葉は思想であった 語源からみた現代

昔、言葉は思想であった 語源からみた現代

1冊

著:西部邁

1,555円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

    経済、社会、政治そして文化にかんする108個のキータームの語源をたどり、言葉の病理が現代を煩悩に落とし入れていることを明らかにする。死せる情報に抗して生ける教養を!

    続きを読む
    ページ数
    637ページ
    提供開始日
    2013/10/25

    レビュー

    5
    1
    5
    1
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/03/18Posted by ブクログ

      西部先生はこの本でケリをつけました。

      それは近代という時代を懐疑せず、
      でたらめな妄言を吐き続けてきた知識人に対してです。

      西部先生は、この本で言葉の正当な意味を示し、
      いかに現在使われている知識...

      続きを読む
    • 2010/04/14Posted by ブクログ

      目次

      プロローグ(prolgue)

      Ⅰ 経済の言葉―視野の何という狭さ

        経済(economy)/政治経済学(political economy)
        エコノミスト(経済分析屋economis...

      続きを読む

    セーフモード