「上司」という仕事のつとめ方 : 完璧なリーダーシップなんてありません!

著:松山淳

440円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    深刻かつ解決困難な課題を背負いながら、「弱音を吐けない」上司たち。そんな上司たちの心の声・悩みに耳を傾け、いまを生きる上司たちに、もっと元気にいきいきと働けるヒント、勇気とやる気を贈る。日々の「仕事」に自信がもて、気持ちがスーッとらくになるヒント集。

    続きを読む

    レビュー

    3
    2
    5
    0
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/23Posted by ブクログ

      この本でいうところの上司とは、中間管理職のことらしい(自分がそういう立場だから、そういう風に読めてしまったのかもしれないが)。 中間管理職は、中小企業の経営者に次ぐ自殺率を誇り(?)、3K以上にやりた...

      続きを読む
    • 2010/05/03Posted by ブクログ

      どーでも良いですが、目次、長いっすねぇ~(^^;

      <目次>
      第1章◎完璧な上司を目指さなくていい
      1-1部下から陰口を叩かれるぐらいでいい
      1-2上司は「矛盾」していてもいい
      1-3カリスマ上司に...

      続きを読む
    • 2009/03/15Posted by ブクログ

      09/03/15
      4月から部下を一人持つかもしれない、ということであわてて読み始める。
      自己開示。人間味。黙る力。
      部下のために。存在を認めてあげる。
      嫌われても仕方ない
      うざいくらいがちょうどいい。...

      続きを読む

    セーフモード