【最新刊】死生獄門

死生獄門

1冊

琥狗ハヤテ

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

死者の魂を冥府へと迎え入れる扉───その名は『死生獄門』。門の表と裏には番人がひとりずつ。黒の午頭(ごず)と白の馬頭(めず)。相見えることができるのは、門が開くごくわずかな時間のみ。───闇に染まりゆく牛頭に触れたい。───白く美しい馬頭を汚したくない。互いに想い合いながらも、決して触れることは許されないふたり。近くて……何よりも遠い。その想いの行きつく先は───。

続きを読む

本作品には、一部過激な表現・描写が含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

ページ数
174ページ
提供開始日
2013/11/15
連載誌/レーベル
GUSH COMICS
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.7
7
5
1
4
3
3
3
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2014/01/26Posted by ブクログ

    フェーン現象が面白くて良かった。
    愛しているのに、こんなにも傍に居るのに愛せない、触れ合えない。
    そういう死生獄門のあり方も切なくて好き。

  • 2012/06/23Posted by ブクログ

    琥狗先生が描くファンタジー、どれもかっこいいです!

    壮大な自然物擬人化にはビックリ驚嘆しました。(初めて見たので)

  • 2012/06/15Posted by ブクログ

    短編集でどれも面白かったです。
    牛頭と馬頭はラブラブになれたけれどこれからずっとお互いに入れ替わるのかしら?
    それからフェーン現象ってこういう訳で起こっているんだなあと♡

開く

セーフモード